メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

鼎 博之(かなえ・ひろゆき) 

鼎 博之

 1976年3月、早稲田大学法学部卒業。1979年3月、司法修習(31期)を経て弁護士登録(第二東京弁護士会)。1987年6月、イリノイ大学アーバナ・シャンぺーン校ロースクール修了(M.C.L.)。1987年9月、ニューヨークでクデールブラザーズ法律事務所勤務。1988年7月、ニューヨーク州弁護士登録。1988年9月から西・田中・高橋法律事務所勤務。2007年9月、ビンガム・マカッチェン・ムラセ外国法事務弁護士事務所、坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業)にパートナーとして参加。2015年4月、統合により当事務所に参画。
 著書・論文に「M&A実務の基礎」(商事法務 2015年5月)(共著)、「企業経営を育てるコーポレートガバナンス 監査役の機能強化」(THE LAWYERS 2015年2月)、"The Law and Practice of Dispute Resolution Clauses"(AIJA National Report 2012年8月)などがある。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

記事一覧

  • 前へ
  • 1