メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

増田 貴都(ますだ・たかと) 

増田 貴都

 2014年、東京大学法学部卒業。2016年、第二東京弁護士会登録。一般企業法務や、役員給与税制等の国内税務及び移転価格税制等の国際税務に関する法的助言、事前照会、調査対応及び争訟を担当。
 主な論文・書籍に「経済のデジタル化を契機としたネクサス及び利益配分ルールの見直しについてのOECDでの議論の動向」(『デジタルエコノミーと課税のフロンティア』(有斐閣、2020年)所収)、「Japan Chapter (Tax on Corporate Transactions),Practical Law Global Guide 2020」(共著、Thomson Reuters、2020年)、『M&A・企業組織再編成のスキームと税務[第4版]』(共著、大蔵財務協会、2019年)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

記事一覧

  • 前へ
  • 1