メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「この20年」から新しい時代へ

一色清

一色清

 菅直人新首相は、所信表明演説で3回、「この20年」という言葉を使いました。いずれも「この20年」の低迷から抜け出さないといけないという文脈でした。私も、菅さんと同じ時代認識を持っています。

 戦後は3つの時代に区切ることができると思います。一つは、1945年から55年までの「混乱から発展への基盤づくりの時代」です。「もはや戦後ではない」と経済白書が書いたのが55年。そしてこの年の暮れに自由民主党、日本社会党が誕生し、55年体制ができあがりました。 ・・・ログインして読む
(残り:約1354文字/本文:約1581文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

一色清

一色清(いっしき・きよし) 

【退任】週刊紙「アエラ」前編集長。1956年生まれ。78年朝日新聞社に入り、経済部記者、「アエラ」編集部員などを経て、2000年「アエラ」編集長。beエディター、出版本部長補佐などを経て、08年10月から「報道ステーション」コメンテーターを務めた。「アエラ」副編集長時代には、中吊り広告下の一行コピーを担当。2012年1月まで「WEBRONZA」編集長。

一色清の記事

もっと見る