メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「第三の道」と”友愛”、かぶって見える理由

城繁幸

城繁幸 「Joe's Labo」代表取締役

 支持率70%超という恵まれた船出をした鳩山内閣が、たった8カ月で退陣してしまった。理由は一言でいえば勘違いだ。有権者という顧客の求めているものを理解できなかった鳩山さんのマーケティングミスである。今さらという気もするが、次につながる話でもあるので簡単に総括しておきたい。

 御存じのとおり、連立与党は先の衆院選において「構造改革で格差拡大」というキャッチフレーズを前面に掲げ、あれよあれよという間に政権交代をしてしまった。実際には小泉政権前後で失業率は1%近く改善し、結果的に格差は是正されているので、これは明らかな誤りだ。 ・・・ログインして読む
(残り:約735文字/本文:約997文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

城繁幸

城繁幸(じょう・しげゆき) 「Joe's Labo」代表取締役

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

城繁幸の記事

もっと見る