メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

中国人旅行客 「買い物」よりリピーターの確保を

松浦新

松浦新 朝日新聞経済部記者

 千葉県木更津市に、朱塗りの大きな門が目立つホテルがある。その門をくぐった駐車場には2台の観光バスが止まっていた。近づいてナンバープレートを見ると、2台とも「888」と書いてある。「8」は中国人にとって縁起がよい数字。中国人観光客を強く意識していることがわかる。

 このホテルは、木更津港に近い約100室を持つ「東京ベイプラザホテル」。日本を訪れる中国人は09年で100万人余りだが、同年の木更津市の中国人宿泊者は2万6162人もいた。実は、05年は2089人だったが、06年にこのホテルのオーナーが中国出身者に代わったことをきっかけに急増した。 ・・・ログインして読む
(残り:約1972文字/本文:約2244文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

松浦新

松浦新(まつうら・しん) 朝日新聞経済部記者

1962年生まれ。NHK記者から89年に朝日新聞社に転じる。経済部、くらし編集部(現・文化くらしセンター)、週刊朝日編集部、特別報道部などを経て、現在は東京本社報道局経済部に所属。年金、医療をはじめとした社会保障制度に関心を持つ。金融商品や土地・住宅問題など、くらしと経済に関わる問題に関心がある。

松浦新の記事

もっと見る