メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ベンチャー企業の夢を打ち砕くな

磯崎哲也

磯崎哲也 公認会計士

 今月10日付けで、日本証券業協会から「新規公開前に行われる不適切な自己募集を規制するための「有価証券の引受け等に関する規則』等の一部改正について(案)」という文書(http://www.jsda.or.jp/html/oshirase/public/10061001.pdf)が公開された。

 この変更案は、ベンチャー企業がその役職員又はその親族以外の個人から出資を受けた場合には、日本証券業協会の引受会員が新規公開時の引受けることを原則として禁止するものである。 ・・・ログインして読む
(残り:約987文字/本文:約1219文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

磯崎哲也

磯崎哲也(いそざき・てつや) 公認会計士

【退任】1984年、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。長銀総合研究所で、多様な業種の経営コンサルタント、アナリストとして勤務後、ベンチャービジネスの世界に入り、未公開企業から上場ベンチャー企業まで社外取締役、社外監査役を歴任。ブログ及びメルマガ「isologue」を執筆。公認会計士。

磯崎哲也の記事

もっと見る