メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS
 医療・介護など福祉分野での雇用は、すでに国内で最大である。かつて最大だった建設業を上回っている。問題は、なお市場が未整備であることだが、それはまた、大いなる拡大の可能性を秘めているということにほかならない。ひとことでいえば、需要があるのに供給が追いついていないのである。いまのところは企業進出が進まない要因(規制など)がある。これを改革して、企業がどんどん参入したくなるような環境を整えることが政府の仕事である。
・・・ログインして読む
(残り:約1757文字/本文:約1964文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小此木潔

小此木潔(おこのぎ・きよし) 上智大学教授(政策ジャーナリズム論)、元朝日新聞論説委員

ジャーナリスト、上智大学教授。群馬県生まれ。1975年朝日新聞入社。富山、奈良、大阪、ニューヨーク、静岡、東京で取材。論説委員、編集委員を経て2014年から現職。著書に『財政構造改革』『消費税をどうするか』(いずれも岩波新書)、『デフレ論争のABC』(岩波ブックレット)。監訳書に『危機と決断―バーナンキ回顧録』(角川書店)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

小此木潔の記事

もっと見る