メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[4]エイベックスvsソシエテ・ジェネラル(2)

大鹿靖明 朝日新聞経済部記者

 エイベックスのニュースリリースでは、「不正問題」が端緒になってソシエテ・ジェネラルからエイベックスへの融資が行われなかったと書かれている。「不正問題」が発覚したのは、ソシエテのシンガポールのプライベート・バンキング部門だ。つまり、エイベックスの2人の役員(千葉龍平氏と荒木隆司氏)が融資をあてにしていたのは、ソシエテ・ジェネラルの日本法人ではなく、シンガポール支店のプライベート・バンキング部門であろう。

 同様のオフショアのプライベート・バンキング業務では、 ・・・ログインして読む
(残り:約2108文字/本文:約2339文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大鹿靖明

大鹿靖明(おおしか・やすあき) 朝日新聞経済部記者

1965年、東京生まれ。早稲田大政治経済学部卒。88年、朝日新聞社入社。アエラ編集部などを経て現在、経済部記者。著書に第34回講談社ノンフィクション賞を受賞した『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』を始め、『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』、『ヒルズ黙示録・最終章』、『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』、『ジャーナリズムの現場から』がある。近著に『東芝の悲劇』。キング・クリムゾンに強い影響を受ける。

大鹿靖明の記事

もっと見る