メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[6]赤字でも億円報酬の役員26人

大鹿靖明 朝日新聞経済部記者

 上場企業の経営者がいやいやながら応じざるを得なかった「億円報酬」の開示によって、大赤字なのに高額報酬を得ている役員の存在が明らかになった。東証1部上場企業を対象に調べると、その数は9社に26人いた。

 東京商工リサーチが東証1部上場企業1337社を対象に調査し、6月30日午後3時半までに2010年3月期決算の有価証券報告書の開示を確認できた1316社をもとに集計した。それ以降開示した企業や東証2部、ジャスダック、マザーズなどに上場している企業は対象から外した。

 それによると、ソニーは純損益が2期連続の赤字であるにもかかわらず、1億円以上の高額報酬を受け取っていたのは、ハワード・ストリンガー会長兼社長ら7人いた。ストリンガー氏はソニー本体とソニー米国法人の2社から合計4億円余の役員報酬を得る一方で、50万株相当のストック・オプションも付与された。1株=813円と仮定して4億700万円分になる。合計で8億円を超える。

 ソニーの例でもわかるとおり、外国人幹部は総じて高報酬だ。「赤字でも億円報酬役員」の26人のうち、約3分の1の9人までが外国人である。

 代表格は新生銀行だろう。 ・・・ログインして読む
(残り:約2768文字/本文:約3264文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大鹿靖明

大鹿靖明(おおしか・やすあき) 朝日新聞経済部記者

1965年、東京生まれ。早稲田大政治経済学部卒。88年、朝日新聞社入社。アエラ編集部などを経て現在、経済部記者。著書に第34回講談社ノンフィクション賞を受賞した『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』を始め、『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』、『ヒルズ黙示録・最終章』、『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』、『ジャーナリズムの現場から』がある。近著に『東芝の悲劇』。キング・クリムゾンに強い影響を受ける。

大鹿靖明の記事

もっと見る