メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[7]JAL更生計画を撃つ(1)本当の争点

大鹿靖明 朝日新聞経済部記者

 

■大鹿靖明『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』(朝日新聞出版)発売中!重版出来!→お求めは、amazon.co.jp楽天ブックスでどうぞ!

 

 日本航空(JAL)と企業再生支援機構は8月31日夕方、東京地裁に同日提出する更生計画を東京・千代田区で発表する。更生計画の骨子は8月2日、すでに主要銀行団に提示され、それによれば、(1)銀行団の債権放棄率を87・5%とする、(2)支援機構は3500億円をJALに出資する、(3)主力銀行団が3192億円を融資する、といった内容だ。

 1月19日に会社更生法を申請してから、もう7カ月も経つ。あのときの記者会見では、債権放棄率83%、機構の出資は3000億円、とされていた。それをほんのわずか上積みするのに、こんなにも時間を浪費してしまった。解散に追い込まれたJAL再生タスクフォースの中核メンバーは「自分は負け組だから言いたくないが」と前置きしつつ、「こんなに時間をかけていたら緊張感がなくなる。企業再生にはスピード感が重要なのに、いったい何をやっているのだろう」と苦言を呈する。

 いったい、何が難航する「争点」だったのだろう。

 一つは、再建手法に伴う技術的な問題点である。

・・・ログインして読む
(残り:約2203文字/本文:約2734文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大鹿靖明

大鹿靖明(おおしか・やすあき) 朝日新聞経済部記者

1965年、東京生まれ。早稲田大政治経済学部卒。88年、朝日新聞社入社。アエラ編集部などを経て現在、経済部記者。著書に第34回講談社ノンフィクション賞を受賞した『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』を始め、『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』、『ヒルズ黙示録・最終章』、『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』、『ジャーナリズムの現場から』がある。近著に『東芝の悲劇』。キング・クリムゾンに強い影響を受ける。

大鹿靖明の記事

もっと見る