メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

法人減税より雇用コストの引き下げを

城繁幸

城繁幸 「Joe's Labo」代表取締役

 法人減税について議論が盛り上がっている。直接的に誰かの既得権が絡む問題でもないので、ほぼ決まりだろう。あとは幅とタイミングだが、とりあえず5%程度、段階的に10%あたりまで行くのではないか。

 ただ、即効的というほどの目に見える効果は期待できないと思われる。そうでなくても日本はアジア新興国に地理的に近く、企業が移転しやすいというハンデがあるのにくわえ、そういった新興工業国の法人税率は20%前後と、先進国より一段低い水準だ。5%程度では焼け石に水だろう。

 さらに言うなら、財政再建も同時並行的に進めねばならず、人口構成を考えても社会保障給付のさらなる伸びは確実だ。法人税を下げなければならないのは確かだが、そういった若い国に租税競争で勝てる見込みは薄い。

 逆に、まだまだ見直す余地が大きいのは、雇用コストの方だ。日本の場合、円高による人件費自体の高騰に加え、終身雇用という縛りが企業の雇用意欲を大きく殺いでしまっている。

 たとえば年収500万円の従業員(30歳)を雇用する場合。

・・・ログインして読む
(残り:約638文字/本文:約1078文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

城繁幸

城繁幸(じょう・しげゆき) 「Joe's Labo」代表取締役

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

城繁幸の記事

もっと見る