メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

会社の格より個人のスキルの時代

城繁幸

城繁幸 「Joe's Labo」代表取締役

 ITに就職するなら新興企業、もしくは大手に入って自力をつけた後、10年以内に転職というキャリアデザインを強くお勧めしたい。

 繰り返すが、今後、勤めている会社の格は、田舎のおばちゃんに自慢するくらいしか役に立たないだろう。大きな会社に勤めているという人は現状に流されることなく、これから就職する人は格にこだわることなく、自分のスキルを磨くことだ。

・・・ログインして読む
(残り:約888文字/本文:約1061文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

城繁幸

城繁幸(じょう・しげゆき) 「Joe's Labo」代表取締役

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

城繁幸の記事

もっと見る