メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 物事には手順というものがある。

 唐突に「消費税10%」を持ち出したツケが回って、昨年末までに税制改革案をつくることができなかったのはその一例だが、へたをするとTPPもその二の舞となるのではないか、との危惧を禁じ得ない。なぜか。

 説得力ある農業再生のプランを示すことができていないため、反対勢力を説得できないまま統一地方選をたたかうというきわめて苦しい展開になってしまっているからである。

 本来なら、農業再生策の少なくとも骨格は3月末までに固め、統一地方選という格好の論戦の場で国民を説得することによってTPPへの道を切り開くというくらいの意気込みと戦略性がなければいけないところである。

 ところが残念なことに、農業再生策を政府がまとめるのは6月から10月なのだとか。一体何をやっているのか。民主党政権のなかに戦略的に者を考えることができる政治家が少なすぎるのではないか。情けない限りである。

 なにもこれは民主党びいきや菅政権びいきで言っているのではない。 ・・・ログインして読む
(残り:約902文字/本文:約1330文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

小此木潔

小此木潔(おこのぎ・きよし) 上智大学教授(政策ジャーナリズム論)、元朝日新聞論説委員

上智大学教授。群馬県生まれ。1975年朝日新聞入社。富山、奈良、大阪、ニューヨーク、静岡、東京で記者をしてきた。近年は日本の経済政策や世界金融危機など取材。2009年5月から東京本社論説委員室勤務、11年4月からは編集委員も務め、14年4月から現職。著書に「財政構造改革」「消費税をどうするか」(いずれも岩波新書)、「デフレ論争のABC」(岩波ブックレット)。

小此木潔の記事

もっと見る