メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

【小此木潔の直言】 「何か持っている」と思わせる人になれ

小此木潔

小此木潔 上智大学教授(政策ジャーナリズム論)、元朝日新聞論説委員

 こんなことを恥じらいもなく書く資格は毛頭無いが、それでも若いみなさんのお役に少しでも立てるかも知れないという一縷の望みを捨てきれず、書いてみることにした。

 私自身は朝日新聞の入社試験で何回か面接や筆記試験の採点などを担当したことがある程度だが、それらをもとになにがしか参考になりうることを言えるような気もする。そして、あまりにも古い話で恐縮ではあるが、私が朝日新聞に入ったときの面接を振り返ってみても、そこには多少なりとも共通する教訓が埋まっているような気もしてくるから、不思議なものだ。

 その共通する教訓とは、面接で「この人は、何か持っているのではないか」と面接官に思わせることができるかどうかが成否の鍵となる、ということだ。少なくとも私が面接を担当したとき、それを重要な要素と考えた、ということである。

 その人が何か持っている、といっても斎藤佑樹投手のように「仲間」というような具体的なものではない。特定の業種では、その「仲間」が威力を発揮したり、そう答えることが大きな点数をかせぐことになるのかもしれないが、それはやはり例外的なケースだろう。

 私がここで言いたい「何か」とは、具体的な物事や特徴と言うより、「何か持っている」と思わせる「何か」である。なんだかわかりにくい言い回しになってしまうが、

・・・ログインして読む
(残り:約913文字/本文:約1465文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小此木潔

小此木潔(おこのぎ・きよし) 上智大学教授(政策ジャーナリズム論)、元朝日新聞論説委員

上智大学教授。群馬県生まれ。1975年朝日新聞入社。富山、奈良、大阪、ニューヨーク、静岡、東京で記者をしてきた。近年は日本の経済政策や世界金融危機など取材。2009年5月から東京本社論説委員室勤務、11年4月からは編集委員も務め、14年4月から現職。著書に「財政構造改革」「消費税をどうするか」(いずれも岩波新書)、「デフレ論争のABC」(岩波ブックレット)。

小此木潔の記事

もっと見る