メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

スモーク・スタック・インダストリーは先進国で成り立つか

木代泰之

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

 新日鉄と住友金属が合併し、粗鋼生産量で世界第2位の会社になる。成果を出すための戦略はまだ明らかではないのに、経済界はあげて「グローバル化への号砲」「新たな歴史への挑戦」とほめそやしている。公正取引委員会の審査をけん制するエコノミストの言論も盛んだ。さすが経団連御三家(新日鉄、東京電力、トヨタ自動車)の底力を見せている。

 日本の鉄鋼メーカーは自動車用鋼板などの高級鋼に力を入れてきた。他社がまねのできない高付加価値化を究めるという点で、電機や機械、素材など他の製造業と同じ路線を走っている。だから合併による新会社の成否は、日本の製造業全体の未来図にかかわる試金石になる。

 世界の製造業は大まかに言えば、欧米や日本などの先進国から、段階を追ってアジア諸国などの新興国へと中心が移りつつあり、先進国は脱工業化(情報産業化や金融化)に進むという構造変化が起きている。

 中でも鉄鋼業などのスモーク・スタック・インダストリー(煙突産業)は、新興国や資源国がいち早くヘゲモニーを握った分野である。いま世界ランキング上位(表1)に名を連ねるのは、インド人が経営するアルセロール・ミタルや中国の国有企業、韓国企業だ。ブラジルやロシアにも有力企業がある。これらの国々には巨大市場、鉱物資源、インフラ整備による建設内需があり、人件費は安い。何よりも鉄を多く使う自動車産業が成長している。

拡大

 鉄鋼業は19世紀前半に英国で発展したが、 ・・・ログインして読む
(残り:約1549文字/本文:約2154文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の記事

もっと見る