メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

民主党政権の危機対応はなぜ評判が悪いのか

原田泰

原田泰 原田泰(早稲田大学教授)

 民主党政権の危機対応が非難されている。周知を集めた体制をつくらないからうまくいかない。政治主導に拘るからうまくいかない。民間企業に責任を押し付けるのはいけないなどと論評されている。

◇原発事故対応の政治主導はやむを得ずではないか◇

 しかし、他のことはともかく、原発の事故について、好きで政治主導になったとは思えない。そもそも原子力の安全管理について何も知らないだろうし、失敗すれば責任を取らされる。原発を進めてきたのは旧政権と電力会社なのだから、旧政権の意向を引き継いでいる官僚機構と電力会社に任せたいと思ったはずだ。

 ところが、東京電力と、原子力発電の安全を規制する原子力安全・保安院の記者会見を見て、この人たちに任せておいて大丈夫かと思ったのだろう。何の分析も対処方針を示すでもなく、分からない、情報を得ていないと繰り返すばかりだった。官僚にしろ民間人にしろ、当事者が、我々はこうします、政府はこうして下さいと言えば、政治家はその進言に従ったのではないだろうか。というか、従うしかなかったのではないだろうか。

 説明能力のない当事者に代わって政治家が説明しても同じかもしれないが、伝言ゲームの間の人を減らすという効果は、最低限あっただろう。もちろん、間の人を減らしても、うまくいく訳ではない。しかし、では、どうすれば良いのだろうか。 ・・・ログインして読む
(残り:約1114文字/本文:約1681文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

原田泰

原田泰(はらだ・ゆたか) 原田泰(早稲田大学教授)

 早稲田大学教授。1974年東京大学卒業後、同年経済企画庁入庁、経済企画庁国民生活調査課長、同海外調査課長、財務省財務総合政策研究所次長などを経て、2012年4月から現職。「日本はなぜ貧しい人が多いのか」「世界経済 同時危機」(共著)「日本国の原則」(石橋湛山賞受賞)「デフレはなぜ怖いのか」「長期不況の理論と実証』(浜田宏一氏他共著)など、著書多数。政府の研究会にも多数参加。

原田泰の記事

もっと見る