メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

悲運の東北フリーブレイズの決意

一色清

一色清

 アイスホッケーアジアリーグの東北フリーブレイズの選手たちは、3月11日午後2時46分、福島県郡山市郊外にあるスケートリンク、磐梯熱海アイスアリーナにいた。翌12日から開かれるアジアリーグのプレーオフ決勝に臨む最終調整の練習が午後3時から始まるはずだった。選手たちは、防具を身につけ、スケート靴をはき、練習開始をリンクサイドで待っていた。そのとき激しい揺れが襲った。リンクの天井からは照明器具などが落ちてきた。4人いるカナダ人選手たちの驚きは特に大きく、彼らは跪いたまま外の駐車場まで這い出たという。対戦相手の韓国・アニャンハルラの選手たちはバスで福島県境に入ったところだった。大会関係者は、揺れの直後にプレーオフの開催は不可能だと感じた。結局、プレーオフ決勝は予定されていた5試合全てが中止となり、両チーム優勝となった。

 東北フリーブレイズは、名門西武プリンスラビッツが廃部となったあと、アジアリーグに参加し、今シーズンが2年目だった。チームはわずかの間に強化に成功し、1月にあった全日本選手権では準優勝、そしてアジアリーグではリーグ戦順位3位でプレーオフに進出、準決勝で日本製紙クレインズを破り、初めての決勝進出を決めていた。結果はどうなっていたか分からないが、初優勝を目指して「やりたかった」というのは、選手、関係者、ファンの誰もが思うことだった。

 東北フリーブレイズの親会社は、郡山市に本社を置くスポーツ用品販売会社、ゼビオだ。

・・・ログインして読む
(残り:約1437文字/本文:約2055文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

一色清

一色清(いっしき・きよし) 

【退任】週刊紙「アエラ」前編集長。1956年生まれ。78年朝日新聞社に入り、経済部記者、「アエラ」編集部員などを経て、2000年「アエラ」編集長。beエディター、出版本部長補佐などを経て、08年10月から「報道ステーション」コメンテーターを務めた。「アエラ」副編集長時代には、中吊り広告下の一行コピーを担当。2012年1月まで「WEBRONZA」編集長。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

一色清の記事

もっと見る