メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「年金マガジン-ネット探検隊が行く」vol.10年金決算にごまかされるな(3)

松浦新

松浦新 朝日新聞経済部記者

 楽観的な将来の見通しと、実態がわかりにくい決算の陰で取り崩しが進む年金積立金。「100年安心」と思っている人はさすがに少ないだろうが、いったい、いつまで持つのだろうか。

vol.1とvol.2を無料公開しています。ぜひお読みください。

「年金マガジンネット探検隊が行く」vol.1 改革は一体どこへ

「年金マガジン-ネット探検隊が行く」vol.2年金の仕組みから理解しよう

=================================

 【ネット探検隊】 年金の現状や改革の方向性をネット上のデータを探索しながら明らかにしていく。隊長、隊員は以下の3名。

 隊長:香川年男 1973年生まれの37歳。バブル崩壊後、阪神大震災の年に社会に出た。

 隊員:本田景子 1985年生まれの25歳。リーマン・ショック前の平成ミニバブル期の採用。

 隊員:岡崎金人 1947年生まれの63歳。団塊世代の先頭集団で、定年後も嘱託で働く。

=================================

香川 前回は、年金積立金の取り崩しは一時的なものではなく、すでに構造的な取り崩し段階に入っていることを確認しました。04年には、これを防ごうと「マクロ経済スライド」という仕組みが導入されましたが、まるで機能していません。少子化ばかりが注目されてきた年金問題ですが、マクロスライドの導入で、経済問題になっています。

本田 いまの日本経済を考えると、現役世代の給料が順調に伸びていくなんて、楽観的な環境でしか機能しない「マクロ経済スライド」には期待できませんね。今後、どうなってしまうのでしょうか。

香川 ひとつのカギは人口構成にある。まずはどうなっているのか確かめよう。国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口からグラフを作ってみた。65歳以上の人口が日本人に占める割合の推移を見ると、今後、65歳以上の人口が占める割合は右肩上がりです。

拡大注)国立社会保障・人口問題研究所の中位推計

岡崎 65歳以上か。オレもあと2年ぐらいで仲間入りだなあ。オレの場合は64歳から満額の厚生年金が出るけれど、1948年生まれは65歳にならないと満額にならない。団塊世代の多くは、しばらくは満額の年金がもらえないわけだ。

香川 ということは、

・・・ログインして読む
(残り:約1929文字/本文:約2857文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松浦新

松浦新(まつうら・しん) 朝日新聞経済部記者

1962年生まれ。NHK記者から89年に朝日新聞社に転じる。くらし編集部(現・文化くらしセンター)、週刊朝日編集部、オピニオン編集部、特別報道部、東京本社さいたま総局などを経て現在は経済部に所属。共著に社会保障制度のゆがみを書いた『ルポ 老人地獄』(文春新書)、『ルポ 税金地獄』(文春新書)、『負動産時代』(朝日新書)などがある。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

松浦新の記事

もっと見る