メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

世界同時多発財政恐慌の足音

浜矩子

浜矩子 同志社大学大学院教授(国際経済学)

 ルネ・マグリットという画家をご存知の読者は多いだろう。ベルギーが世界に誇るシュールレアリズム絵画の巨匠である。財政破綻寸前国家、ギリシャへのEUの支援態勢づくりのプロセスをみていたら、マグリット絵画のイメージが頭に浮かんだ。

 マグリットの絵を観ていると、次第に軽いめまいを感じるようになる。馬上の男が森を行く。なんということのない情景だが、よくみると馬の脚が一本足りない。ありゃりゃと思いながら、少し船酔い感を感じるのである。

 そうかと思えば、どこからみても立派なパイプの絵の下に「これはパイプではありません」などと脚注が施してあったりする。何がホントで何が幻想なのか解らない。確かさのない世界がマグリットの世界だ。

 そして、それはギリシャ危機とそれを巡る欧州の支援構図の世界でもある。どこまでが実態でどこまでが体裁なのか。どこまでがミイラでどこからがミイラ取りなのか。それが判然としない。これはもう、どう考えても立派なデフォルトであるはずだ。そう思われる光景の下には、「これはデフォルトではありません。」と宣言した横断幕が貼り付けられている。

 こんなに不安でシュールな状況を抱え込んで、EUは一体どこに行くつもりなのだろう。ギリシャを巡る取り繕いの世界は、 ・・・ログインして読む
(残り:約1110文字/本文:約1640文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

浜矩子

浜矩子(はま・のりこ) 同志社大学大学院教授(国際経済学)

同志社大学大学院ビジネス研究科教授。エコノミスト。専門は国際経済学。1952年8月3日東京都生まれ。1975年一橋大学卒業、三菱総合研究所入社。90年より98年まで同社初代ロンドン駐在員事務所長。帰国後、同社経済調査部長、政策経済研究センター主席研究員を経て2002年10月より現職。「グローバル恐慌~金融暴走時代の果てに~」(岩波新書、2009年)、「ユーロが世界経済を消滅させる日」(フォレスト出版、2010年)など、著書多数。

浜矩子の記事

もっと見る