メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ビジョンなくして農業は強くならない

青山浩子

青山浩子 農業ジャーナリスト

拡大宮城・石巻市内の水田の様子。生育は平年並みだという=8月2日
 農家が大勢集まったある会合で若手農家が農水省の役人に質問した。「国は農業をこの先どの方向に進めようとしているのですか」

 役人は「ひとつは戸別所得補償制度。もうひとつは6次産業化。これらの施策を通じ担い手の支援をしてまいります」と答えた。

 農家はこういう答えを期待していなかったと思う。日本の農業が生き残るためのビジョン、展望を聞きたかったはずだ。役人が答えたのは手段だった。

 民主党のマニフェスト(2010年)には「農林水産業を再生し、食料自給率向上と食の安全確保を実現します。農林水産業を成長産業と位置付けて従来の政策の抜本的な見直しに引き続き取り組みます」とある。

 確かにこの通りかもしれないが、これを読んで農家は「10年後、20年後に日本の農業は素晴らしい産業になりそうだ」と思うだろうか。胸が高鳴るだろうか。

 ビジョンや戦略の不在。ここが農政の大きな課題ではないかと思う。

 一方、生産や流通の現場ではこうしたビジョンを掲げ、新たな農業や流通を切り開こうとする動きがある。

 野菜の仲卸業者、デリカフーズ㈱の舘本勲武社長はある講演会で「国民の医療費削減につながる農業や食産業を創ろう」と激を飛ばした。

 舘本社長によると、 ・・・ログインして読む
(残り:約1477文字/本文:約1990文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

青山浩子

青山浩子(あおやま・ひろこ) 農業ジャーナリスト

1963年愛知県生まれ。86年京都外国語大学英米語学科卒業。JTB勤務を経て、90年から1年間、韓国延世大学に留学。帰国後、韓国系商社であるハンファジャパン、船井総合研究所に勤務。99年より農業関係のジャーナリストとして活動中。1年の半分を農村での取材にあて、奮闘する農家の姿を紹介している。農業関連の月刊誌、新聞などに連載。著書に「強い農業をつくる」「『農』が変える食ビジネス」(日本経済新聞出版社)「農産物のダイレクト販売」(共著、ベネット)などがある。茨城大学農学部非常勤講師もつとめる。

青山浩子の記事

もっと見る