メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「朝活企業」は従業員に支持されるのか?

常見陽平

常見陽平 評論家(雇用・労働、キャリア、若者論)

拡大ユニクロのロゴマークはすっかり定着したようだ=2010年春、東京都内の新商品発表会

 ユニクロを展開するファーストリテイリングは、この9月から、就業時間を現在より2時間前倒しし、午前7時~午後4時にするそうだ。報道によるとこの取り組みの狙いは、仕事を終える時刻を早めて、その後の時間は社員に語学やビジネスに関する知識を学ぶ時間にしてもらうのだそうだ。同社は来春から社内での公用語を英語にする予定だ。グローバル展開を加速させる中、語学だけでなく、ビジネスの知識も含めた自分磨きの時間を作ってもらうというわけだ。

 「朝活企業」誕生というわけか。私はこの動きに注目しつつも、「本当に成功するのか?」「当初の目的を達成するには、取り組みが違うのではないか?」「従業員はどう反応するのか?」という点に注目している。

 最初に、私の話をしよう。私は朝活人間だ。毎日、 ・・・ログインして読む
(残り:約1399文字/本文:約1733文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

常見陽平

常見陽平(つねみ・ようへい) 評論家(雇用・労働、キャリア、若者論)

人材コンサルタント。株式会社クオリティ・オブ・ライフ フェロー。HR総合調査研究所客員研究員。実践女子大学・白百合女子大学・武蔵野美術大学非常勤講師。北海道札幌市出身。一橋大学卒業後、株式会社リクルート入社。とらばーゆ編集部、トヨタ自動車との合弁会社などを経て、玩具メーカーに移り新卒採用を担当。2009年株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。2012年に退社し、フェロー。就活、サラリーマンの今後をメインテーマに講演、執筆、研究・調査、コンサルティングなどに注力し、面白い社会人をデビューさせるべく奮闘中。著書に『「就社志向」の研究』、『普通に働け』など多数。最新刊に『アラフォー男子の憂鬱』(共著)

常見陽平の記事

もっと見る