メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ジョブズが卒業式で贈った「ハングリーであれ、バカであれ」

小原篤次 大学教員(国際経済、経済政策、金融)

 ある研究会でグローバル経済について議論している時、スティーブ・ジョブズ氏の訃報に触れた。一度は会いたい経営者からもう会えない経営者になった。

 ジョブズ氏は成功と同じくらい多くの失敗を経験している。創業者でありながら、1980年の株式公開の後、自らが向かい入れた経営者、取締役会により解任された後、10年以上が経過した1996年のクリスマス直前、復帰が決まった時には、アップルは、マイクロソフト-インテル連合に大きくリードされていた。

 マイクロソフトがWindows95で、アップルが一足先に世に出した「マウスで操作できるパソコン」の地位を奪い、インターネット時代にも乗り、その存在を磐石にしていた。パソコンを立ち上げると、ウインドウズ、MACとも、同じような画面になっていた。そして1997年には、マイクロソフトがアップルに1億5000ドルを出資したほどパソコンをめぐる競争が終わるかに見えた。日本企業によるアップル買収の報道も出たほどだ。

 マイクロソフトは、コンピュータの巨人だったIBMのOSに採用され、ビジネスソフトを押さえながら、CPUのインテルと組み、より広範なハードメーカーに採用されることで、アップルを包囲した。マイクロソフトの成功の鍵は

・・・ログインして読む
(残り:約1326文字/本文:約1853文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小原篤次

小原篤次(おはら・あつじ) 大学教員(国際経済、経済政策、金融)

長崎県立大学国際情報学部准教授。1961年、大阪府堺市生まれ。同志社大学法学部卒、国立フィリピン大学修士。朝日新聞社、チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)、みずほセキュリティーズアジア初代株式調査部長、みずほ証券リサーチ&コンサルティング投資調査部副部長を経て現職。【2015年12月WEBRONZA退任】

小原篤次の記事

もっと見る