メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

就活格差、人材氷河期を直視せよ!

常見陽平

常見陽平 評論家(雇用・労働、キャリア、若者論)

「求人質」の時代がやってきた

 「普通の学生受難の時代」――。

 日本経済新聞が10月23日夜の電子版で報じた「大卒内定4年ぶり増加 来春2.2%増、製造業けん引」という報道から私が感じたことである。

 この調査によると大卒の内定人数は2011年4月実績数73,535人に対して75,117人と2.2%増加している。しかし、その内訳を見ると牽引しているのは理工系であり、7.7ポイントのプラスとなっている。文科系においては2.3%の減少となっている。また、短大・専門学校高専卒、高卒は対前比でともに約11%ダウンしている。

 何が起こっているのか?

 たしかに、求人は回復傾向にあった。同社が6月20日に発表した「2012年春の採用計画調査」によると、大手、準大手を中心とした約4,000社においては、大卒の求人数は対前年比で13.7%増となっていた。12年春の大卒採用を前年より増やすと回答した企業は全体の62.5%に達していた。なお、この調査は毎年春に実施しているのだが、震災があったために、今年は追加で調査を行なっている。リクルートワークス研究所が発表した求人倍率調査においても、全体の求人倍率は2011年度の1.28倍から2012年度は1.23倍にわずかに減少したが、大手企業を中心に回復傾向は見られた。

 ただ、問題は中身だ。特に企業が重視する人材は3つである。(1)グローバル人材(2)イノベーター人材(3)機械・電気・情報を中心とした理工系人材である。主に増加したのはこの層が中心だ。厳選採用の姿勢は相変わらずで、 ・・・ログインして読む
(残り:約3796文字/本文:約4455文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

常見陽平

常見陽平(つねみ・ようへい) 評論家(雇用・労働、キャリア、若者論)

人材コンサルタント。株式会社クオリティ・オブ・ライフ フェロー。HR総合調査研究所客員研究員。実践女子大学・白百合女子大学・武蔵野美術大学非常勤講師。北海道札幌市出身。一橋大学卒業後、株式会社リクルート入社。とらばーゆ編集部、トヨタ自動車との合弁会社などを経て、玩具メーカーに移り新卒採用を担当。2009年株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。2012年に退社し、フェロー。就活、サラリーマンの今後をメインテーマに講演、執筆、研究・調査、コンサルティングなどに注力し、面白い社会人をデビューさせるべく奮闘中。著書に『「就社志向」の研究』、『普通に働け』など多数。最新刊に『アラフォー男子の憂鬱』(共著)

常見陽平の記事

もっと見る