メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 私は元トヨタ自動車関連会社の社員だ。トヨタ自動車とリクルートグループが合弁で2002年に立ち上げた人材育成会社オージェイティー・ソリューションズの立ち上げメンバーとして出向していたのだ。

 私は、ここへの出向の内示を聞いたときに、心身ともに震えるほどの不安を抱いた。というのも、私はトヨタ自動車にも、トヨタのクルマもまったく共感できなかったからだ。大学の生産管理の講座で、教授が言っていた言葉が忘れられない。「トヨタ自動車って経営学の世界でも評価されているけどさ、お前ら、勤めたいと思うか?」。

 今、振り返るとかなりの問題発言だが、この言葉に私は激しく共感した。素人視点で考えてトヨタ生産方式も改善も搾取のモデルだと考えてい た。トヨタ車にも全くそそられなかったし、トヨタ車にも乗っていなかった。

拡大取材に答えるトヨタ自動車の豊田章男社長=2011年11月10日午後5時32分、名古屋市中村区名駅4丁目、越田省吾撮影

 ところが、一緒に仕事をしてみて驚いた。彼らは実に楽しそうなのだ。愛社(車)精神に満ちあふれていた。彼らはまさに最強の社員たちだった。20代の社員から役員クラスまでが例の「何故」を5回繰り返していた。そして、「ものづくりは人づくり」と言い、人材育成に他大なる時間とお金をかけていた。

 私はといえば、立ち上がったばかりの合弁会社で広報担当をしていた。当時は空前のトヨタブーム。日本のものづくりの将来が危ぶまれる中、

・・・ログインして読む
(残り:約1085文字/本文:約1639文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

常見陽平

常見陽平(つねみようへい) 千葉商科大学国際教養部准教授 いしかわUIターン応援団長  社会格闘家

一橋大学商学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士)。リクルート、バンダイ、ベンチャー企業、フリーランス活動を経て2015年より千葉商科大学国際教養学部専任講師(2020年4月より准教授)。専攻は労働社会学。執筆・講演など幅広く活動中。『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社新書)、『僕たちはガンダムのジムである』(日本経済新聞社)、『「就活」と日本社会』(NHK出版) SNS  twitter yoheitsunemi  facebook yoheitsunemi

常見陽平の記事

もっと見る