メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

岩波書店のコネ採用は合理的だ

城繁幸 「Joe's Labo」代表取締役

 岩波書店の「コネ採用宣言!」が話題となっている。社員や著者といった関係者からの推薦状の無い人は、原則受け付けませんというリリースのことだ。

 コネ採用なんてメーカーから新聞社までどこだってやっている話なのだが、確かに堂々と公言してしまうケースは珍しい。中には「左翼の聖地・岩波が、格差社会を肯定するのか」なんて、なんだかよくわからない批判を出している識者もおられる。

 ただし、民間企業が誰を採用するかは基本的に採る側の自由であり、人脈や紹介状の有無でセレクトをかけること自体はなんら違法ではない。非合理的な採用を続けて会社が倒産しても、それは自己責任で済む話だ。

 ちなみに、著者とコンタクトをとるだけの行動力と、 ・・・ログインして読む
(残り:約809文字/本文:約1115文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

城繁幸

城繁幸(じょう・しげゆき) 「Joe's Labo」代表取締役

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表取締役。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種メディアで発信中。代表作『若者はなぜ3年で辞めるのか?』『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』『7割は課長にさえなれません 終身雇用の幻想』等。

城繁幸の記事

もっと見る