メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

パックス・ゲルマニアの歴史的皮肉

浜矩子

浜矩子 同志社大学大学院教授(国際経済学)

 グローバル時代はパックス誰でもない時代。筆者はそう考えている。ヒト・モノ・カネが、いとも簡単に国境を越えて軽やかに地球経済上を渡り歩く。そんなグローバル時代においては、誰かが突出した強さを一手に独占することは出来ない。

 かつては、パックス・ロマーナがあり、パックス・ブリタニカあり、パックス・アメリカ―ナありだった。だが、今やそうはいかない。国境無きグローバル時代である。誰もが、地球規模のサプライ・チェーンの中に組み込まれている。その中で、かつてのローマやイギリスやアメリカのような突出は成り立たない。筆者はそう考えている。

 そう考えながら、実はこのところ「ん?」という感じがある。地球経済にパックス某氏は存在しない。それは間違いないと引き続き思う。だが、地球経済の中のEUという名の小宇宙においては、少々異なる構図が浮上しつつあるようにみえる。そこに垣間見え始めている世界を何と名づけるか。それはすなわち、「パックス・ゲルマニア」なのではないか。

 ギリシャの財政危機を巡る駆け引き・攻防・化かし合いが、相変わらず賑やかだ。さしあたり、追加融資の実行に向けて話がまとまりつつあるようにみえる。だが、そのことによって何かに何らかの決着がついたわけでは、決してない。だましだまし、ひび割れ茶碗をみんなでそっと捧げ持っているようなものである。

 そうした中で、何と言っても目立つのがドイツの存在感だ。メルケル首相の貫録は増すばかりだ。何しろ、 ・・・ログインして読む
(残り:約810文字/本文:約1429文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

浜矩子

浜矩子(はま・のりこ) 同志社大学大学院教授(国際経済学)

同志社大学大学院ビジネス研究科教授。エコノミスト。専門は国際経済学。1952年8月3日東京都生まれ。1975年一橋大学卒業、三菱総合研究所入社。90年より98年まで同社初代ロンドン駐在員事務所長。帰国後、同社経済調査部長、政策経済研究センター主席研究員を経て2002年10月より現職。「グローバル恐慌~金融暴走時代の果てに~」(岩波新書、2009年)、「ユーロが世界経済を消滅させる日」(フォレスト出版、2010年)など、著書多数。

浜矩子の記事

もっと見る