メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

復興アリーナが復興しようしているものは「何」か? 飯田泰之

 「復興アリーナ」が6月29日、ローンチされました。WEBRONZAとシノドスが連携して震災からの復興や日本の今後を構想するためのウェブメディアです。WEBRONZA内で展開していた同名のコーナーがよりパワフルに発展。今後、多様なコンテンツが盛り込まれていきます。ご期待ください。詳細は「復興アリーナ」(http://fukkou-areana.jp/)をご覧下さい。

 まずは、プロジェクトリーダーである飯田泰之・駒澤大学経済学部准教授のインタビューをお届けします。

――被災地に関心を持った理由をお聞かせください。

飯田 きっかけは偶然です。この歴史的な事件の現場を一度見ないといけない。その思いで、まず、単純に見てみようと、釜石に行きました。キャッシュ・フォー・ワークが、永松伸吾さんの主導で立ち上がり、その顔合わせでたまたま名刺交換した人が釜石の方だったからです。

拡大

まず、その人に会ってみよう。会って何をするかとか、何も考えずに、ただ行ってみたわけです。行ってみたら、やはり、背筋がぞっとするというか、体とか脳の芯が冷たくなるような感じがしました。

岩手県に関しては、初訪問の三日で、あとから関るようになる中心の人たちに、ほとんど会っているんです。これはもう縁があったとしか言いようがない。そこから岩手のイベントを東京に持ってくるとか、あるいは、東京の支援者と岩手の求めている支援を紹介する活動を少し手伝っていたわけです。

ぼくはマクロ経済学者ですから、経済学者としての発言、経済者として復興をどう考えるかという発言を求められることが多い。そのため、復興支援の活動をしていることと経済学を、結びつけて語られることが多いのですが、両者は連続したものではありません。ぼくは、復興支援の問題に関っている時は、経済学者とかエコノミストというより、「単に、ぼくが個人的にやりたいと思うからやっている」んです。

完全に個人的な興味関心でやりたいし、やらなければいけないと感じた。つまりは、ぼくが勝手にやっているわけです。復興支援について、あまり理屈をつけるのをやめようじゃないか、理屈ではなくて、やりたいと思い、やらなければと思う人が集まって何かをすればよいじゃないか。こう思うんです。

「アリーナ」の意味

――「アリーナ」という言葉に込められているのは?

飯田 コミュニティでもアソシエーションでもなく「アリーナ」であるのは、それぞれの人の思いというのは、人によってばらばらだし違うから。アリーナで示されるざまざまな情報のどれに賛同できるか、何か感じられるか、というのも受け手によってそれぞれだと思いますし、それでいい。

統一の目標を設けて、その目的達成のために何かをするアソシエーションであったり、統一的な価値観をもってまとまるコミュニティではなく、出入り自由のアリーナであるのは、震災の復興に対していろいろなことを感じた、いろいろなものを見た、いろいろなものを経験した、ということを、ある意味、ただ並べたいということなんです。

繰り返しになりますが、並んでいるものから、何を、どのように読み解いていくかは、受けての側に任せたい。ですから、論者・飯田泰之が発言することに比べると、ぼくは、ここでは思い切り自分の主観を交えたことを書くでしょうし、言うと思います。

賛同してくれる人は賛同してくれればいいし、賛同できない人はそれで良い。その意味では、普段やっている説得であるとか、論理的な証拠立てというのは、プロジェクト全体としては、今回はあえてとりません。むしろ、思ったことを並べて、共感できる人が共感する、というようなかたちにしていきたいと思っています。

復興アリーナが復興しようとしているものは何か?

――復興されるという時、いったい何が復興されるのでしょうか?

飯田 復興アリーナが復興しようとしているものというのは何か?「元通りの生活」「元通りの地域コミュニティ」だという人もいるでしょう。あるいは、これを奇禍として「新しい社会を築くのだ」という人もいるでしょう。それも否定しません。

拡大復興への人々の努力は続く

あるいは、「ちょっと困っている人」を「ちょっと助けてあげたい」という人もいるでしょう。ぼく自身の関心はそれに近いですね。すごく悲惨な状況で、非常に苦しんでいて、根本的な治癒が必要な人に対して、大きなマクロな政策をあてはめる、それはそれで大切だと思います。ただ、それ以外に、「ぼくができる範囲のことを、ぼくはやりたい」と思う。

例を上げると、宮城、岩手というのは震災の「被災フェーズ」から「復興フェーズ」になっている。「被災フェーズ」から「復興フェーズ」になると何が違うか? 被災地の皆さんの関心というのが、店舗再開しました、客どうするの、収益どうするの、という、ものすごくシビアな問題になってくるわけです。じつを言えば、これは被災前から問題だったわけです。

考えてみれば、被災の有無に関らず誰にとっても、ビジネスでどうキャッシュを生み出していくかという身も蓋もない、ある意味で単純な問題です。だからこそ難しいわけです。その一方で福島のように、いまだに「被災フェーズ」のところがある。その中で経済学ができることは何でしょうか。

復興アリーナには荻上チキさん、藍原寛子さん、永松伸吾さん、大野更紗さん、いろいろな人が参加してくれています。タイプの違うさまざまな人と意見が並列されること重要なのは、ぼくならぼくが被災と復興の両方のフェーズに強いかというと、そうはないからです。

ぼくは被災フェーズに寄り添うのはあまり強くないと思う。どちらかというと、復興フェーズに入って、次ビジネス何やる、ビジネスはじまったけれどどこに販路を求める、という目的解決フェーズの方がおそらく強い。チキさんはチキさんで問題を掘り起こし発見していくという、寄り添うフェーズに強い人でしょう。

目的はもう決まっていて、それに対して合理的手段を求めている人たち、に対して問題解決をするフェーズには、ぼくがなんらかの比較優位を持っていると思います。それぞれ得て不得手があると思う。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。