メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ロンドン五輪、熱い声援と盛り上がらぬ消費

小原篤次 大学教員(国際経済、経済政策、金融)

メダルに沸く所属企業

 熊本市の半導体工場が4年ぶりに沸きあがった。藤井瑞希・垣岩令佳ペアがロンドン五輪の女子バドミントンダブルスで、銀メダルを獲得した。女子バドミントンのメダル獲得は、1988年、公開競技だったソウルオリンピックで、北田スミ子(三洋電機<現パナソニック>)の女子シングルス銅メダル以来の快挙である。

 藤井・垣岩ペアは、前回の北京五輪で4強入りした末綱聡子・前田美順ペアと同じ企業チームに所属している。熊本の半導体工場は、ルネサスセミコンダクタ九州・山口である。4年前はNECの生産子会社NEC熊本だった。同九州・山口の親会社ルネサスエレクトロニクスは、群馬県高崎市に女子ソフトボール部をもっている(前日立高崎)。女子ソフトボールは残念ながらロンドン五輪の種目から外れてしまった。五輪報道に隠れてしまった形だが、ルネサス高崎の宇津木監督や上野投手らを中核とする日本代表チームは、7月下旬に開催された世界女子ソフトボール選手権大会で42年ぶりに金メダルを獲得している。

深刻な雇用力の低下

 しかし、ルネサスエレクトロニクスの経営陣は、どういう思いで五輪や世界選手権の活躍の報に触れたのだろうか。同社は2010年、NECエレクトロニクスが、日立製作所、三菱電機の半導体部門を統合した「ルネサステクノロジー」を吸収して設立された。液晶テレビやスマートフォン向けのLSI大型集積回路)などを製造してきた(写真=ルネサス エレクトロニクス株式会社提供)。半導体部門のうちメモリ分野は今年2月に、会社更生法を申請したエルピーダメモリが継承している。

拡大

 ルネサスエレクトロニクスは、同社と子会社の従業員を対象にして、9月18日から早期退職の募集開始を決めており、

・・・ログインして読む
(残り:約836文字/本文:約1567文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小原篤次

小原篤次(おはら・あつじ) 大学教員(国際経済、経済政策、金融)

長崎県立大学国際情報学部准教授。1961年、大阪府堺市生まれ。同志社大学法学部卒、国立フィリピン大学修士。朝日新聞社、チェースマンハッタン銀行(現JPモルガン・チェース)、みずほセキュリティーズアジア初代株式調査部長、みずほ証券リサーチ&コンサルティング投資調査部副部長を経て現職。【2015年12月WEBRONZA退任】

小原篤次の記事

もっと見る