メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」に見る、さとり世代の消費行動

常見陽平

常見陽平 評論家(雇用・労働、キャリア、若者論)

 皆さんはガリガリ君を食べたことはあるだろうか。赤城乳業の人気アイスキャンディーだ。1981年に誕生したこのアイスだが、昨年30周年を迎えた。今では、主力のソーダ味だけでなく、リッチシリーズ、年度ごとの限定品など、ラインナップも広がっている。

拡大

 このガリガリ君だが、この秋に限定商品として出したコーンポタージュ味(正式にはガリガリ君リッチコーンポタージュ)が空前の大ヒットになっている。同社のリリースによると、この商品は9月4日に発売されたのだが、予測を大幅に上回る販売量になったため、商品供給が間に合わず当面の間、販売を休止することになった。各紙で報道され話題になったので、知っている人も多いことだろう。この事実はTwitterや2ちゃんねるでも話題になった。Facebookを開くと、ご丁寧に友人たちが「オレは買うことができたぞ!」「本当にコーンポタージュ味だ!」などのコメントをつけて写真を掲載していた。

 消費の話をしよう。このガリガリ君コーンポタージュ味という商品と、その売れ方、騒がれ方に最近の消費の傾向が凝縮されていると私は考えている。普段、学生と接する機会が多い立場から言うと、特に若者の消費行動が色濃く現れていると感じる。ここから導き出されるキーワードは、これだ。

 小確幸消費:「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」の値段は、通常のガリガリ君の倍、126円する。通常のガリガリ君と比較するなら「プチ贅沢」といえるが、とはいえ、100円前後の手軽なものである。そして、期待を裏切らない。村上春樹が言っていた、「小確幸(小さくても確かな幸せ)」そのものである。

 ネタ消費:アイスキャンディー×コーンポタージュという異色の組み合わせは、開発した赤城乳業には申し訳ないが「ゲテモノ」「キワモノ」のように見えてしまう。ネタとして、食べてみたいという衝動にかられるわけである。また、購入したこと、食べたことを思わずネタとしてソーシャルメディアなどで共有したくなる特性を持っている。

 愛され消費:ガリガリ君は30年をこえ、長きにわたって愛されてきたブランドである。ずっと続けていること(続いていること)、ブランドに対する信頼感、リスペクトする気持ちから、愛される商品になっていると言えるだろう。

 この「小確幸」「ネタ」「愛され」というのが現代の、 ・・・ログインして読む
(残り:約998文字/本文:約1970文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

常見陽平

常見陽平(つねみ・ようへい) 評論家(雇用・労働、キャリア、若者論)

人材コンサルタント。株式会社クオリティ・オブ・ライフ フェロー。HR総合調査研究所客員研究員。実践女子大学・白百合女子大学・武蔵野美術大学非常勤講師。北海道札幌市出身。一橋大学卒業後、株式会社リクルート入社。とらばーゆ編集部、トヨタ自動車との合弁会社などを経て、玩具メーカーに移り新卒採用を担当。2009年株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。2012年に退社し、フェロー。就活、サラリーマンの今後をメインテーマに講演、執筆、研究・調査、コンサルティングなどに注力し、面白い社会人をデビューさせるべく奮闘中。著書に『「就社志向」の研究』、『普通に働け』など多数。最新刊に『アラフォー男子の憂鬱』(共著)

常見陽平の記事

もっと見る