メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 安倍晋三首相はTPPへの交渉参加を正式に表明したが、同時に「米国は一筋縄ではいかない。厳しい交渉になる」と農水族議員などに説明している。日米首脳会議で双方とも若干の例外を認めることをほぼ確認したことから安心感が広がっているが、そう単純な話ではないと思われる。

 確かに関税の分野では日本はコメなど一部の農産物はアメリカの自動車とともに例外になるだろうし、日本の関税率は全品目ベースで4.9%(2009年)とアメリカの3.5%、EUの5.3%と並ぶ低いレベルにある。

 例外さえ認められればこれを相互にゼロに向けて削減することにそれほど大きな問題はないだろう。つまり関税に関する限りTPP交渉参加はマイナスにはならないだろうし、恐らく若干のプラスを日本全体にもたらすことになるのだろう。

 しかし問題は作業部会にあることがまだ広く認識されていない。作業部会は物品市場アクセス・サービス・電子商取引など広範な分野におよび、このひとつひとつについて参加国との交渉が行われることになる。

 過去の日米交渉などから推測すると、日本の公的金融(郵便貯金・簡易保険)、政府調達や公共事業、自動車のディーラーシップなどについてアメリカなどから強い要求が出てくることが予想される。

 また医療分野も重要な交渉分野のひとつ。米国通商代表部(USTR)は日本の皆保険制度については問題にしないと言っているが、 ・・・ログインして読む
(残り:約758文字/本文:約1347文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る