メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 2012年11月から上昇局面に入った日経平均株価は、一時15,000円を上回り、ここ6カ月間でほぼ70%上昇した。さすがに5月23日は1,000円以上下落、いったん調整をする気配だ。5月24日も再び上昇したものの、その後は下落に転じている。

 ここ6ヵ月の株価上昇の主因は日本銀行によるいわゆる異次元金融緩和。円ドル相場も2012年11月の1ドル80円前後から、2013年5月には100円を超える円安に転じ、これが株価を引き上げる要因にもなった。また、アメリカ経済も好調でダウ平均も15,000ドル越え史上最高値をつけたのだった。

 世界的に資産が債券から株価へ移動し、株高・債券安の状況になってきている。日本の10年物国債の流通利回りも急上昇し、2012年4月以来、約1年2ヵ月ぶりに1%台に乗った。その後は0.9%前後で推移しているが、長期金利は世界的に上昇しており、かつてのように0.6%前後に戻す状況にはない。

 FRBのバーナンキ議長が、 ・・・ログインして読む
(残り:約793文字/本文:約1221文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る