メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

安倍政権、この夏から秋にかけての新成長政策に注目

榊原英資 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

 今回の参議院選挙では自民党が大勝、自民・公明の与党が過半数を獲得した。新勢力は自民が115、公明が20で自公合わせ135。過半数の121を大きく上回っている。

 自民党単独では115で過半数には6議席足らない。民主党は当選17と惨敗。新勢力は59と公示前議席86を27下回っている。民主党は選挙区でも1人区で全敗。東京、大阪でも議席を失っている。民主党の退潮に比して、みんなの党、共産党は、維新は議席を大きく伸ばしている。3党合計で16議席増だ。

 自民党勝利の最大の要因は、経済が好調なことだろう。いわゆるアベノミクスによって、昨年11月から今年の5月にかけて、円ドルレートは1ドル80円前後から100円近辺へ、日経日平均も7割上昇している。6、7月に入って若干の調整はあったものの、マクロ経済はかなり好調だ。

 恐らく2013年度の実質GDPの成長率は2%を超える可能性が高い。過去20年間の平均が0.9%だから、2%はかなりの高成長だということができる。いわゆるアベノミクスの第一の矢、金融緩和は黒田東彦日銀新総裁のもとでかなりの効果を上げてきている。

 そろそろ効果は出尽くした感があるが、 ・・・ログインして読む
(残り:約713文字/本文:約1213文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る