メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「IT革命」が進む自動車に「ソフトウエアの危機」

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

 自動車のIT化の勢いが止まらない。ガソリン車、ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)、2015年発売予定の水素燃料電池車(FCV)に続き、自動運転車の実用化も見えてきた。これらは自動車メーカーによる先端技術開発の成功例として語られる。

 しかし、IT化が進むほどシステムは複雑になり、安全や信頼性の要求が高まる。特にソフトウエアの開発量は膨大でコストも大幅上昇している。この「ソフトウエアの危機」をどう乗り越えるか、自動車メーカーはジレンマに直面している。

 イメージ写真(下)のカラー部分は、乗用車に搭載されるECU(電子コントロールユニット)の所在を示している(財団法人・日本自動車研究所のホームページより)。低価格車でも10個、普通車で数10~100個は使われる。

 ECUはマイコン、センサー、電源、通信回路などの部品を一つの基板にまとめたもので、エンジン制御やパワートレイン(動力を車輪に伝える)制御、情報通信制御などを行う。

財団法人・日本自動車研究所のホームページより拡大財団法人・日本自動車研究所のホームページより

 グラフ(下)は、自動車のコストに占める電子部品の比率(ソフト開発費を含む)を示している。同じガソリン車でも高級車になるほど、またHVやEVなどIT化が進むほど電子部品のコスト割合が増加する。半面、自動車メーカーが得意とするメカ(機械)部品の割合は ・・・ログインして読む
(残り:約1456文字/本文:約2003文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の記事

もっと見る