メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

温室ガス削減 チームマイナス3.8%?~90年比3%増・原発稼働で上乗せです~

小森敦司 朝日新聞経済部記者(エネルギー・環境担当)

 安倍政権が2020年までの日本の温室効果ガスの削減目標を2005年比3.8%減にする方針を固めたという。過去に国がやってきた温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」にならい、さあ、「チーム・マイナス3・8%」をやってみよう。

 たぶん、まったく盛り上がらない。

 この目標数値3.8%減は、ポーランドで開かれている国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP19)を前に、環境省と経産省の協議で決まった。小数点が入るところが、なにやら「談合」めいている。

 しかも、原発の稼働次第で数値が上乗せされる「暫定的」なものとされる。国民の間には原発に反対する声がいまも多いが、こんな身勝手な目標の置き方は国民を愚弄していないか。

 そもそも、この3・8%減は1990年比換算にすると3%以上増える計算だ。鳩山政権の90年比25%減はおろか、09年、当時の麻生政権が打ち出した05年比15%(90年比8%減)にも及ばない。原発で稼げばいいという腹づもりというのか。

 加えて今回の3・8%には森林吸収として3%減も含まれるという。これを除くと05年比でも、ほとんど横ばいとなる。ある業界の温暖化問題の担当者から早くも ・・・ログインして読む
(残り:約550文字/本文:約1058文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

小森敦司

小森敦司(こもり・あつし) 朝日新聞経済部記者(エネルギー・環境担当)

東京都出身。1987年入社。千葉、静岡両支局を経て、名古屋や東京の経済部に勤務、金融や経済産業省を担当。ロンドン特派員も経験し、社内シンクタンク「アジアネットワーク」では地域のエネルギー協力策を研究。現在、エネルギー・環境分野を担当、とくに原発関連の執筆に力を入れている。著書に「資源争奪戦を超えて」「日本はなぜ脱原発できないのか」、共著に「失われた〈20年〉」、「エコ・ウオーズ~低炭素社会への挑戦」。

小森敦司の記事

もっと見る