メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 機密漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案が、12月6日深夜の参院本会議で可決され成立した。

 この法律は日本の安全保障に関する情報のうち「特に秘匿することが必要であるもの」を「特定秘密」として指定し、取扱者の適正評価の実施や、漏えいした場合の罰則などを定めた法案だ。この法案は10月25日に安全保障会議(総理を議長とし、財務・総務・外務・防衛大臣など8名を議員とする会議)の了承を経たうえで閣議決定し、第185回国会に提出された経緯がある。

 朝日新聞などは強い反対を表明し続けており、各種世論調査では反対が40%から50%に上っている。与党自民党、公明党のほか、日本維新の会、みんなの党は修正案には賛成しているが、反対している議員も少なくない。民主党、共産党、生活の党、社民党はこぞって反対している。

 筆者はこの法律は必要だと考えている。秘密は安全保障に関する情報の一部に限られており、従来から日本が国として機密情報の管理がしっかりできていないという国際的批判が強かったことなどを考えると、必要な立法だといえよう。

 ヘンリー・キッシンジャーはかつて日本では秘密が守られないので、重要な機密情報は伝えられないと述べたこともあり、筆者が関連した為替問題などについても ・・・ログインして読む
(残り:約694文字/本文:約1228文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の新着記事

もっと見る