メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

みずほに潜む魔物 頭取辞任は内戦に終止符を打てるか

山田厚史 デモクラTV代表、元朝日新聞編集委員

 「みずほが発足して13年、内部に潜んでいる、えも言われぬ部分を何とか切り出していかなければならない。それはとてつもなく重いものだ」

代表権のない取締役に退くことが決まり、会見するみずほ銀行の佐藤康博頭取(左)。右は林信秀次期頭取=2014年1月23日午後5時8分、東京都中央区 拡大代表権のない取締役に退くことが決まり、会見するみずほ銀行の佐藤康博頭取(左)。右は林信秀次期頭取=2014年1月23日午後5時8分、東京都中央区

 みずほ銀行の佐藤博康頭取が23日、辞任を表明した。退任の記者会見で印象的だったのが冒頭の言葉だ。

 暴力団融資から始まり、金融庁への虚偽報告や記者会見拒否などメガバンクらしくない失態を演じたみずほは、トップの辞任で再生へと動き出す。だが「内部にひそむえも言われぬ部分」という魔物を退治できるのだろうか。

 興銀・富士銀・第一勧銀が合併し、この13年間は旧行の背番号をつけた行員が、仕事の流儀やプライドをぶつけあう内戦の歴史でもあった。

 銀行員は競争社会の勝ち組である。放っておいても競争したがる面々が合併で少なくなるポストを目指し、敵と味方に分かれ争う。身内のためなら粉骨砕身でも、他人事は見ないふりをする。なまじ有能であるだけに、まき散らす負のエネルギ―は膨大だった。

 この負のエネルギーこそ佐藤頭取が指摘する「えも言われぬ部分」であり「とてつもなく重いもの」なのだ。

 頭取・会長を辞任まで追い込んだ「暴力団融資の放置」も魔物の仕業である。

 得にならないことはしない銀行員の保身が、問題融資の処理を任された担当者を孤立させた。相談する相手もないまま放置された問題の融資が金融庁に見つかると、銀行はウソで切り抜けた。利口な人たちが目先の不都合を回避し続けた結果、事態はどんどん厄介になり、トップが首を差し出す事態を招いた。

 魔物はこの事件を「第一勧銀系のチョンボ」という筋書きに仕立てた。舞台になったオリコは旧第一勧銀の役員が社長に天下っていたからである。「オレたちは関係ない」とか「厄介なことをしてくれたものだ」という冷ややかな空気を作り出した。

 事件当時の頭取として引責辞任させられたのが

・・・ログインして読む
(残り:約1252文字/本文:約2023文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山田厚史

山田厚史(やまだ・あつし) デモクラTV代表、元朝日新聞編集委員

デモクラTV代表 、元朝日新聞編集委員。1948年生まれ。71年朝日新聞入社。大蔵省、金融・証券業界、自動車業界など担当、ロンドン特派員、バンコク特派員、ハーバード大学フェローを務め、93年から経済担当編集委員。朝日系TVでコメンテーターも。退職後、インターネットでニュース解説する動画チャンネル「デモクラTV」を立ち上げる。著書に「銀行はどうなる」「日本経済診断」(岩波書店)、「日本再敗北」(文芸春秋社・田原総一郎と共著)など

山田厚史の記事

もっと見る