メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「フォアグラ」はコンプライアンスの問題 さらなる「対話」を

森摂 ビジネス情報誌「オルタナ」編集長

 ファミリーマートはこの1月24日、ハンバーグにペースト状のフォアグラを載せた弁当の発売を中止すると発表しました。1月10日にホームページで商品を公表したところ、カモに強制的に餌を食べさせるフォアグラの生産方法を問題視する意見が寄せられたそうです。

 同じ24日には、キリンは缶チューハイ「本搾り」のCMを中止しました。タキシードを着たカエルのキャラクターが出ている内容で、消費者やアルコール問題に取り組んでいる団体から、未成年の飲酒を誘発するCMだとクレームがあったとのことです。

 一方で、今回の販売中止やCM中止を疑問視する声も多く出ました。フジテレビの番組によると、「1000人に聞いたところ、フォアグラ弁当の販売中止は必要なしが62.7%、キリンCMについても81.9%の人が中止にしなくてもよかったという回答だった」とのことです。

 フォアグラを巡っては、2012年7月1日から米カリフォルニア州で販売と飲食店での提供が州法で禁止され、話題になりました。英小売大手のマークス&スペンサーや英アマゾンでも販売を中止しています。

 フォアグラの残酷な飼育方法は世界的には広く知られており、「ユーチューブ」にもアップされています。これを見れば多くの人は納得するでしょう(動画はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=DKeve2ye790)。

 それでもフォアグラを食べたい、という個人の主義主張にまで立ち入るつもりはありません。また、この種の問題は「かわいそう」「そうではない」という感情論や文明論だけでもなかなか解決はしません。

 企業人としてはむしろ、企業にとってのCSRやコンプライアンスの観点からこの問題を見つめ直すべきだと考えています。

 コンプライアンスといっても、「法令遵守」のことではありません。オルタナ本誌で何度も紹介してきた通り、「コンプライアンス=法令遵守」とは誤訳で、英語のcomply という動詞の原義は「相手のことを慮(おもんぱか)り、状況に対応すること」です。

 つまり、相手の感情を汲み取り、それに応じた行動を取るのが、本来のコンプライアンスです。この場合の「相手」とは社会全体のはずです。

 ファミリーマートを動かしたクレームの件数がわずか22件だったことについて、「そんな少数意見を聞く必要はなかった」との意見もありました。

 しかし、少数意見だからこそ耳を傾けるべきで、 ・・・ログインして読む
(残り:約1236文字/本文:約2259文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

森摂

森摂(もり・せつ) ビジネス情報誌「オルタナ」編集長

環境とCSRと志のビジネス情報誌「オルタナ」編集長。東京外国語大学スペイン語学科を卒業後、日本経済新聞社入社。 流通経済部などを経て1998年-2001年ロサンゼルス支局長。2002年9月退社。同年10月、ジャーナリストのネットワークであるNPO法人ユナイテッド・フィーチャー・プレス(ufp)を設立、代表に就任。2006年9月、株式会社オルタナ設立、編集長に就任、現在に至る。主な著書に『ブランドのDNA』(日経ビジネス、片平秀貴・元東京大学教授と共著、2005年10月)など。訳書に、パタゴニア創業者イヴォン・シュイナードの経営論「社員をサーフィンに行かせよう」(東洋経済新報社、2007年3 月)。

森摂の記事

もっと見る