メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

リアルアンパンマン、もう一つの教訓--企業の社会的評価が株価を左右する時代

森摂 ビジネス情報誌「オルタナ」編集長

 2月14日からの大雪の影響で通行止めになった中央自動車道の談合坂サービスエリアで、山崎製パンの運送トラック運転手が、立ち往生したドライバーらに積荷のパンを無料で配布したことが話題を集めた。

 報道などによると、山崎製パンは「特に会社として指示したものでも、非常時の対応として(商品の配布について)の規定があるわけではありません。運転手が機転を利かしたのでしょう」と答えている。

 今回の「美談」は新聞やテレビ、オンライン記事などでも報道され、ツイッターやフェイスブックでも盛んに拡散した。その広告効果は2億円以上との記事もある。株価も、2月14日の1110円から週明けには1170円に上昇。時価総額は数日で130億円ほど増えた計算だという。

 一方、同じ大雪の中で評判を下げた事例もあった。埼玉県内のコンビニが「一人店から出ないと次の客は入店できない」という入場規制を敷いたのだ。

おそらくは大雪の中で食料品を買い求める客が詰めかけ、店内での混乱を避けようとした措置だったのだろう。しかし、ソーシャル・メディアでは、外で長時間待たされた客から不平不満の声が多数流れた。

 この件がコンビニ運営会社の株価を左右したとまでは言えないだろう。しかし、大雪の中で辛い思いをした客たちが、「二度とその店に行かない」と思ったとしても不思議ではない。数十メートルしか離れていない他のコンビニを

・・・ログインして読む
(残り:約1565文字/本文:約2155文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

森摂

森摂(もり・せつ) ビジネス情報誌「オルタナ」編集長

環境とCSRと志のビジネス情報誌「オルタナ」編集長。東京外国語大学スペイン語学科を卒業後、日本経済新聞社入社。 流通経済部などを経て1998年-2001年ロサンゼルス支局長。2002年9月退社。同年10月、ジャーナリストのネットワークであるNPO法人ユナイテッド・フィーチャー・プレス(ufp)を設立、代表に就任。2006年9月、株式会社オルタナ設立、編集長に就任、現在に至る。主な著書に『ブランドのDNA』(日経ビジネス、片平秀貴・元東京大学教授と共著、2005年10月)など。訳書に、パタゴニア創業者イヴォン・シュイナードの経営論「社員をサーフィンに行かせよう」(東洋経済新報社、2007年3 月)。

森摂の記事

もっと見る