メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 かつては中国とともにBRICs諸国の雄として世界経済の一方のエンジンだったインド経済が失速気味だ。

 2002年から2011年までの10年間の平均成長率は7.7%だったのだが、2012年には4.7%、2013年には4.4%まで下落している。IMFの予測では2014年に若干回復するとされているものの5.4%とかつての7.7%には遠く及ばない。

 インド経済の最大の問題は食料価格上昇を中心とするインフレーション。2008年あたりから上昇しはじめたインフレ率は2012年には10.2%(年平均)に達し、2013年にも9.5%と高止まりしている。ちなみに2002年から2011年までの年平均インフレ率は7.2%。2002年から2006年までの5年間は4.7%だったのだ。

 かつてはブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカがBRICsと呼ばれ、世界経済での中での高成長国といわれたのだが、 ・・・ログインして読む
(残り:約837文字/本文:約1231文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る