メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

日産・ダイムラー提携、スカイラインにベンツEクラスのエンジンという答え

永井隆 ジャーナリスト

 「互いにプライドは高い。開発現場では双方が衝突しながらつくりあげた」――。日産自動車の西川廣人副社長はこう話す。

 日産は高級スポーツセダン「スカイライン」に、独ダイムラー製の排気量2000ccターボエンジンを搭載した「2000GT-t」を追加し6月5日から発売を始めた。

 日産・ルノー連合とダイムラーが資本提携したのは2010年4月だが、ダイムラーのエンジンが日産の主力車種に載るのは、今回が初めて。西川氏は、最終の作り込みまでの間セッティングなどをめぐり、日産とダイムラーの技術陣が一歩も譲らずにぶつかり合ったことを明かしたのだ。

 搭載されたエンジンは「メルセデス・ベンツEクラス」に搭載されているのと同じタイプ。燃費性能はガソリン1リットル当たり13.6キロメートル、価格は383万4000円~456万8400円。「日本を代表する名車スカイラインに、ベンツのエンジン」の構図となった。

 新型スカイラインは今年2月、国内販売が始まったばかり。当初は3500ccエンジンのハイブリッド車(HV)のみのラインアップだった。HVモデルの燃費性能は同18.4キロメートル、価格は462万4560円~569万5920円。今回モデルの方が、かなり割安である。

 西川氏は会見で「ターボエンジンを追加して選択肢が広がった。(欧州車のシェアが高い国内の)プレミアム市場で存在感を示したい」と話した。

 日本市場を皮切りに、今後は米、中、欧州でも発売していく。ベンツ製エンジンは当初、輸入して栃木工場でスカイラインに組み込む。しかし、今秋には日産の米デカード工場(テネシー州)でのエンジン生産に切り替え、日産向けだけではなくダイムラーにも供給していく計画だ。

 エンジンは自動車の心臓部である。資本提携があるにせよ、日産はなぜダイムラー製エンジンの採用に踏み切ったのか。

 排気量を小さくしたエンジンにターボなどの過給機をつけ、 ・・・ログインして読む
(残り:約1928文字/本文:約2739文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

永井隆

永井隆(ながい・たかし) ジャーナリスト

ジャーナリスト。1958年生まれ、群馬県桐生市出身。明治大学卒。1992年、勤務先の新聞社が実質的に経営破たんし、新聞を休刊。これに伴い失業を経験。93年にフリーで独立。新著に「サントリー対キリン」(日本経済新聞出版社)。著書に「人事と出世の方程式」、「国産エコ技術の突破力!」、「ビール最終戦争」、「敗れざるサラリーマンたち」など。

永井隆の記事

もっと見る