メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

マイクロソフト、シェア14%からの挑戦が始まった

大河原克行 フリーランスジャーナリスト(IT産業)

 米マイクロソフトが、米国時間の7月14日から、米ワシントンD.C.のWalter E.Washinton Convention Centerで開催した「Microsoft Worldwide Partner Conference 2014」で、驚くべき発言が同社幹部から聞かれた。

米マイクロソフトのケビン・ターナーCOO拡大米マイクロソフトのケビン・ターナーCOO

 米マイクロソフトのケビン・ターナーCOOは、参加した全世界136カ国、1万6000人以上のパートナー企業を前に、「いまや、マイクロソフトのシェアはわずか14%に留まる」と発言。「我々はチャレンジャーであり、多くのビジネスチャンスがある」と、参加者に訴えた。

 これまで「マイクロソフト帝国」ともいわれ、IT市場に君臨していた同社が、初めて自らの立場が、この市場において絶対的なものでないことを認めたともいえる。

 ターナーCOOは、「3億台の市場規模を持つPC市場においては、マイクロソフトは9割のシェアがある。しかし、スマートフォンやタブレットを含むすべてのデバイスで見れば、そのシェアは14%しかない。もっと他社の製品を研究し、熟知することや、さらにスピードをあげて事業に取り組む必要がある。失敗するのならば早く失敗し、それを教訓にして再挑戦しなくてはならない。挑戦者のマインドセットに変えていく必要がある」と語った。

 2014年2月に、CEOにサティア・ナデラ氏が就任して以降、マイクロソフトの基本戦略は、「Mobile first,Cloud first」となっている。

 だがこの言葉は、むしろマイクロソフトが弱い領域を示したものだといえる。

 PCでの成功はタブレットやスマートフォンへの展開で後れを取ることにつながり、オンプレミスと呼ばれるクライアント/サーバー型ビジネスでの成功は、クラウドビジネスへの参入を遅らせた。

 つまり、「Mobile first,Cloud first」の号令は、モバイル領域においてはタブレットやスマホの事業拡大により、アップルやグーグルから、

・・・ログインして読む
(残り:約1563文字/本文:約2403文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大河原克行

大河原克行(おおかわら・かつゆき) フリーランスジャーナリスト(IT産業)

1965年、東京都出身。IT業界の専門紙である「週刊BCN(ビジネスコンピュータニュース)」の編集長を務め、2001年10月からフリーランスジャーナリストとして独立。IT産業を中心に幅広く取材、執筆している。現在、ZDNetの「大河原克行のエンプラ徒然」(朝日インタラクティブ)、PC Watchの「パソコン業界東奔西走」(ImpressWatch)、クラウドWatch、家電Watch(以上、ImpressWatch)、日経トレンディネット(日経BP社)、ASCII.jp (KADOKAWA)、などで定期的に記事を執筆。著書に、「ソニースピリットはよみがえるか」(日経BP社)、「松下からパナソニックへ」(アスキー・メディアワークス)、「図解 ビッグデータ早わかり 」(中経出版)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

大河原克行の記事

もっと見る