メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

1カ月で100億円集めた「アイスバケツ」に学ぶ3つのこと

森摂 ビジネス情報誌「オルタナ」編集長

 「アイスバケツ・チャレンジ」が7月の終わりごろから世界中の注目を集めた。ご存知の通り、全身の筋肉が萎縮し動かなくなる難病ALSの患者を支援しようと、氷水をかぶって寄付を募る活動だ。

ビル・ゲイツ、レディ・ガガ、豊田章夫…有名人が続々

 指名された人物はチャレンジを受ける場合、氷水をかぶる、または100ドルをALS協会に寄付する、あるいはその両方を行うのいずれかを24時間以内に選択しなければならない。そして新たに3人を指名する仕組みだ。

氷水をかぶる歌手のレディー・ガガさん=ユーチューブから 拡大氷水をかぶる歌手のレディー・ガガさん=ユーチューブから

 ビル・ゲイツ・マイクロソフト創業者やレディ・ガガさん、日本では豊田章夫・トヨタ自動車社長や京都大学の山中伸弥教授らも参加し、その映像はテレビニュースでも数多く取り上げられ、世の中の大きな話題を集めた。

 ただ、日本国内では「氷水をかぶることは単なる『社会貢献ごっこ』に過ぎない」という批判や、有名人や企業が自らの宣伝や『売名』のために参加しているだけで ALS 治療への貢献にはつながっていないという批判も出た。

押し付けがましさなどに批判も

 確かに、「アイスバケツ・チャレンジ」のような悪ふざけ的な乗りは、日本で受け入れにくいのかも知れない。「新たに3人を指名しなければいけない」という押し付けがましさにも反発が出た。テレビのニュースもだんだん冷ややかになり、「死亡した人もいる」とか「けが人も出たから気を付けて」と言い出した。

 それでも、「アイスバケツ・チャレンジ」を見習うべき、3つの理由があると考える。

 第一にその「成果」だ。この運動はほとんどコストを掛けずに、わずか1カ月という短期間で巨額の寄付を集めたのだ。米国のALS協会は8月29日、集まった寄付金が1億ドル(103億円強)に達したと発表した。

 日本ALS協会(東京・千代田)にも、

・・・ログインして読む
(残り:約1729文字/本文:約2497文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

森摂

森摂(もり・せつ) ビジネス情報誌「オルタナ」編集長

環境とCSRと志のビジネス情報誌「オルタナ」編集長。東京外国語大学スペイン語学科を卒業後、日本経済新聞社入社。 流通経済部などを経て1998年-2001年ロサンゼルス支局長。2002年9月退社。同年10月、ジャーナリストのネットワークであるNPO法人ユナイテッド・フィーチャー・プレス(ufp)を設立、代表に就任。2006年9月、株式会社オルタナ設立、編集長に就任、現在に至る。主な著書に『ブランドのDNA』(日経ビジネス、片平秀貴・元東京大学教授と共著、2005年10月)など。訳書に、パタゴニア創業者イヴォン・シュイナードの経営論「社員をサーフィンに行かせよう」(東洋経済新報社、2007年3 月)。

森摂の記事

もっと見る