メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[2] 素養が問われる深遠なる遊戯(下)

ゴルフの精神に新しい命を吹き込もう!

山口信吾 ゴルフ作家

ゴルフコースは男を磨く修行の場

 オノラブルカンパニーで百戦錬磨の紳士たちに交じって心底ゴルフを楽しめたのは、かつて接待ゴルフにおいて、会社の先輩や得意先の紳士たちに企業人としての素養を徹底的に叩き込まれたからだ。

 思い返せば、接待ゴルフにも「ゴルフの精神」という通奏低音は流れていたのだ。接待ゴルフには、世界最古のゴルフクラブでのゴルフの楽しみ方と相通じるものがあった。真剣勝負をしながらも、決して相手に嫌な思いをさせないプレーを心がけていた。

拡大細長いグリーンの両側に5つの深いタコツボバンカーが待ち受ける打ち上げの難関ホール(ミュアフィールド13番パー3)

 ある接待ゴルフで、上級者の上司と一緒に回ったときのことだ。ぼくはグリーン手前のバンカーに打ち込んだ。前進すると、グリーンとの間にもう一つのバンカーが横たわっていた。厄介なダブルバンカーだ。

 ピンを狙うには、バンカー越しにバンカーショットをする必要がある。そのころバンカーショットが不得手であったぼくは、目の前のバンカーを避けて、グリーンの端に向かってボールを打ち出した。もう一度バンカーショットをする羽目になれば、大事な得意先を待たせてしまうのではないか、という考えが閃いたのだ。

 このプレーを見ていた上司が、「(ゴルフの精神を)わかっているな!」と絶賛してくれた。20年も前のこのときの情景は今も脳裏に鮮明に残っている。

 ゴルフ愛好家でハンディ5の得意先との接待ゴルフの日には、朝から台風の余波で雨がざあざあ降っていた。お茶を飲みながら天気の回復を待っていても雨はやみそうにないどころか、霧が立ち込めてきた。

 これでは中止かなと思い始めた矢先に、その得意先は「さあ、行きましょうか」と立ち上がって、傘を差して1番ホールのティグラウンドに向かってすたすたと歩き始めた。そして、霧に覆われたフェアウェイに躊躇なく見事なティーショットを放った。ぼくは心底感動した。ゴルフは悪天候をものともしないスポーツの中のスポーツだ、という無言の教えを受けたのだ。この方との親交は今も続いている。

 洗練されたコースでのプレー、美味な食事、酒を酌み交わしながらの歓談、という妙なる組み合せは、オノラブルカンパニーであれ、日本の接待ゴルフであれ、長い伝統が磨いたゴルフの恵みの極致である。

ゴルフの精神に新しい命を吹き込もう

 スコットランドで現地の人とマッチプレーをしていると、ゴルフで大事なのは決してスコアではないことを思い知らされる。ゴルフで肝心なのは、

・・・ログインして読む
(残り:約1152文字/本文:約2152文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口信吾

山口信吾(やまぐち・しんご) ゴルフ作家

1943年、台北市生まれ。九州大学工学部建築学科を卒業後、同大学院を修了。69年、竹中工務店に入社。72年に渡米し、ハーバード大学デザイン大学院修了後、米国大手設計事務所に勤務。75年に帰国して竹中工務店に復帰。一貫して都市開発プロジェクトに従事。2004年の定年退職後はゴルフ作家として活動している。43歳でゴルフを始めた遅咲きゴルファー。ベストハンディキャップ8。97年以来、毎年のように英国の海岸地帯の「リンクス」と呼ばれる自然のままのコースを巡る。『定年後はイギリスでリンクスゴルフを愉しもう』(亜紀書房)、『普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法』(日経ビジネス人文庫)、『死ぬまでゴルフ!』(幻冬舎)など著書多数。自身のブログはhttp://www5f.biglobe.ne.jp/~single 【2016年3月WEBRONZA退任】

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山口信吾の記事

もっと見る