メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

戦後70年、憲法改正の論議を深める時だ

適切な手続きでの国民投票を

榊原英資 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

 戦後70年ということで様々な企画や論議がなされてきている。おそらく、最大のイシューは日本国憲法の改正問題なのではないだろうか。

拡大安倍政権は憲法改正に向けた動きを強めている

 衆知のように現行憲法は1946年2月4日から2月12日の9日間でGHQの民政局(GS)によってつくられたものだ。日本政府も松本烝治国務大臣を長とする憲法問題調査委員会をつくり1946年1月には甲案・乙案を提示したが、あまりにも保守的だとしてダグラス・マッカーサーがGSに作成を指示。チャールス・ケーディス、アルフレッド・ハッシー、マイロ・ラウエル等が中心となって現在の憲法をつくっていった経緯がある。

 日本政府はいわゆる芦田修正(憲法9条を若干修正し、自衛のための軍隊―自衛隊―を持てるようにしたもの)はしたのだが、他の部分ではGHQ案をそのまま受け入れた。占領下の憲法作成でもあり、GHQは日本が独立した後には改正されるだろうと考えていたようだ。

 しかし、日本国民はこの「平和」憲法を受け入れ、その後70年弱全く改正はなされていない。世界の国を見渡しても、70年近く、憲法が全く改正されないというのは珍しいことだといえよう。

 自由民主党は憲法改正を長く党是としてきたが、改正に必要な衆参両院の3分の2以上の議席を獲得するに至らず改正の発議は現在までなされていない。ただ、 ・・・ログインして読む
(残り:約633文字/本文:約1189文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る