メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ヨーロッパは景気回復に向かうのか

IMFの楽観的な世界経済見通し、ギリシャ・イタリア・スペインなどが焦点に

榊原英資 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

 ギリシャ問題はまだ決着がつかず問題含みだが、ヨーロッパ経済全体は回復局面に入ったというのがIMFの予測だ。

拡大アテネ中心部で余剰金移管の政令に抗議するデモに参加する人々=2015年4月24日、山尾有紀恵撮影

 2015年4月のIMFの世界経済見通しによると、2015年のユーロ圏の成長率は1.5%と14年の0.9%をかなり上回っている。もっともこの予測はギリシャ問題がそこそこ解決しているとして2015年のギリシャの成長率を2.5%としているため、市場は楽観的すぎると見ているようだ。

 2015年2月に発表された欧州委員会の経済見通しも2014年、15年の回復を予測している。2013年の0%から14年は1.3%、15年は1.7%との予測になっている。

 イギリス経済はアメリカ経済とともに好調で2014年の成長率は2.55%。15年も2.72%の成長率を達成するとされているし(IMF2015年4月の予測)ドイツも2014年1.61%、15年1.62%との予測だ。イタリアは2014年はマイナス0.42%だったが、 ・・・ログインして読む
(残り:約834文字/本文:約1245文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の記事

もっと見る