メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「失われた帝国」への郷愁と米英蜜月の終わり

21世紀のパワーポリティクスの大きな波乱要因に

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

「英国は西側世界における中国の最強の支持者に」

 英国と中国が関係を深めている。10月末に訪英した習近平主席は、金融街シティ、英国議会、女王の国賓晩さん会の3カ所で演説する機会を得た。とりわけシティでの演説は、英国を先導役にして米国率いる西側世界に攻勢をかけたいという野望に満ちていた。

 習主席はこう述べたのだ。「英国が対中協力の各分野の潮流を導き、西側と中国の協力の先導役となり、実際の行動によって『西側世界における中国の最強の支持者』を実践することを期待する」(人民日報電子版)。

 こう露骨に「露払い」の役目を押し付けられても、英国は中国に微笑を送り続けている。人民元の国際化は英国が全面支援しているし、AIIB(アジアインフラ投資銀行)では、米国の反対にも構わず欧州で最初に参加表明した。英国が親中路線に舵を切ったことで、70年続いた米英蜜月はすっかり霞(かす)んで見える。

 今回の習訪英で合意された協定は59に上る。その多くが経済目的で、動く金額は7兆5千億円になる。英国は高齢の女王まで引っ張り出し、ドイツやフランスに出遅れた中国ビジネスを一気に挽回したいという意気込みが目立った。

 貿易面では、ロールスロイス製の航空機エンジン「トレント700」を3千億円で大量購入するというニュースが筆者には驚きだった。今回は海南航空のエアバス向けだが、中国は国家プロジェクトであるジェットエンジン開発に民間用・軍事用とも難航しており、世界の三大メーカーの一社であるロールスロイスと国家間で提携するメリットは大きい。

英中首脳が臨んだ航空機エンジン購入の調印式(10月21日、海南航空ウェブサイトより)拡大英中首脳が臨んだ航空機エンジン購入の調印式(10月21日、海南航空ウェブサイトより)

 「市場と技術を交換する」というのが中国得意の手法なので、今後、ロールスロイスの技術が自力開発中の国産旅客機「C919」に使われる可能性がある。民間機だけでなく、建造中とされる2隻の航空母艦の艦載機に技術が使われる可能性も否定できない。中国は陸軍偏重から空海軍重視へ転換を急いでいる。米国は英中の動きに神経を尖らせているだろう。

グラフ:世界主要取引所の時価総額(兆円)拡大グラフ:世界主要取引所の時価総額(兆円)

 グラフは、世界の主要証券取引所の株式時価総額を示している。ロンドンは世界6位にとどまり、2007年から15年にかけて時価総額は20%も低下した。一方でアジア市場は76%上昇し、とくに上海・香港の台頭が目覚ましい。英国が中国に活路を求める理由はここにある。

・・・ログインして読む
(残り:約1663文字/本文:約2620文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の記事

もっと見る