メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ドバイで「ロボコップ」の世界が現実に

進むロボットの導入には「光と影」も

佐藤 仁 学術研究員/ジャーナリスト

ついにロボコップの時代へ

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでは自動運転のバスの走行試験や、自動運転車だけでなく、「空飛ぶタクシー」と呼ばれている、パイロット不在で、自動運転で飛行する1人から数人乗りの飛行機の導入にも積極的だ。

 そして、ドバイ警察は2017年5月に、警察ロボットを正式に採用することを発表。ドバイ警察のリリースのタイトルは「ドバイ警察、UAE初の"ロボコップ"を採用(Dubai Police recruit UAE’s first ‘Robocop’)」だった。ついにロボコップの時代がやってきた。

 ドバイのロボット警察の初仕事は同国で開催されているセキュリティカンファス「Gulf Information and Security Expo」での会場案内だった。ロボコップの胸にはパネルが搭載されており、アラビア語、英語に対応した地図が表示されていた。将来はロシア語、スペイン語、中国語、フランス語などにも対応するようだ。またロボコップに搭載されたカメラでは人間の顔認識も可能で、不審な人物を特定すると、その動画が警察に送信される。さらに、交通違反の罰金の取り締まりも行い、ロボコップ経由で罰金の支払いができる。2020年までにはドバイのあらゆる所にロボコップを配置していくことを予定している。

2030年までに警察業務の25%をロボットが実施

 ロボコップは、身長170cm、体重100kg、バッテリーでの持続時間は8時間。ロボットなのでバッテリーを充電すれば24時間稼働は可能で、ドバイ警察も「ロボットなら病気で休むことも、産休をとることもなく24時間働いてくれる」とコメントしている。2030年までにドバイでは、警察業務の25%はロボットに置き換える予定だそうだ。人件費削減にもつながる。

 ロボットは3D業務といわれる「単調:dull」、「汚い:dirty」、「危険:dangerous」の任務に適していることから、軍事面や警察での利活用が期待されている。特に人間の目の行き届かないところまでロボットなら監視できることから、監視や偵察のような業務は人間よりも適している。また危険物の処理を実施する際にも、人間の場合は、危険物処理を行う人の人命にかかわるが、ロボットにはその心配がないので、危険物処理の業務も人間よりもロボットは適している。

 ドバイ警察は、2年後には犯罪捜査時に人間が操作する時速80kmで走る、体長3メートルのロボコップを導入する計画も明らかにしている。3メートルのロボットに追われるのは逃亡する犯人にとっても脅威だろう。

拡大2017年5月に公開されたドバイのロボコップ(出典:ドバイ当局のツイッターより)

「ドローン搭載自動運転パトカー」も

 ドバイ警察の取り組みはロボコップだけではない。2017年6月に、ドローン搭載の自動運転パトカー「O-R3」を導入することを明らかにしている。完全自動運転なので、人は乗らないので、車体は全長120cm、幅60cmと小さい。そのため小回りも効くし、細い道にも入って行くことができる。パトロールを目的としており、車体には高精細カメラ、赤外線画像装置、レーザースキャナー、光検出測定装置などを搭載しており、100メートル先の物体も認識できる。顔認識も可能で、指名手配の犯人を検知した時の追跡と通知も可能。さらに街の中にある不審物や持ち主不明の荷物などを検知すると、その情報を警察のコントロールルームに送ることもできる。

 自動運転のため、24時間365日休まずにパトロールが可能。容疑者を検知したら、追跡もできるが、自動車では入ることができない場所に容疑者が逃走した場合には、パトカーからドローンが出てきて、 ・・・ログインして読む
(残り:約1188文字/本文:約2715文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

佐藤 仁

佐藤 仁(さとう・ひとし) 学術研究員/ジャーナリスト

グローバルガバナンスにおけるデジタルやメディアの果たす役割などに関して研究しています。例えば、情報通信技術や国際秩序や安全保障体制をどう変化させたのか、そして新たなデジタルメディアやポップカルチャーなどコンテンツによって人間の行動パターンと文化現象はどのように進化してきたのかを解明していきたいと思っています。修士(国際政治学)、修士(社会デザイン学)。近著では「情報通信アウトルック2014:ICTの浸透が変える未来」(NTT出版・共著)、「情報通信アウトルック2013:ビッグデータが社会を変える」(NTT出版・共著)など。

佐藤 仁の記事

もっと見る