メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

孫社長のリークを、日経はそのまま載せた

ソフトバンク元広報責任者が明かす孫氏のマスコミ操縦術

大鹿靖明 朝日新聞経済部記者

拡大記者会見するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=2017年11月6日、東京都内

「言いたいことをそのまま載せてくれる」

 鮮やかなスクープに見えた記事が、実は意図的なリークだった。報道の現場に長くいると、あのスクープはリークによる報道の相場操縦ではないかと疑う場面は多々ある。それを裏付けるものはなく、断定はできない。

 ところが、そんな秘め事を打ち明けてくれる人が現れたのである。「日経のスクープはリークですよ」と。

 ソフトバンク(現ソフトバンクグループ)の元広報責任者と最近、会う機会があった。久闊を叙し、近況を報告し合い、昔話に花が咲く。

 私がソフトバンクを初めて取材したのは、いまから20年以上前の1997年4月のことで、以来、かれこれ20年以上も断続的に取材し続けている。ときおり日本経済新聞に鮮やかにスクープされることがある。その背景を元広報責任者はこう打ち明けてくれた。

「孫さんはね、リークしたいときには『記者を呼んでくれ』と言うんですよね。『日経のだれそれさんを呼んで』と名指しで広報室に下りてくるんです。広報室としてはその記者に『お越し頂けないでしょうか』と連絡を取って、お呼びするんです。だから、いくら夜回りや朝駆けをやっても、かないっこないですよ」

 日経は、一般紙の朝日や毎日、読売と違って株式市場に対する影響力が大きい。朝毎読では経済面に掲載されるような記事でも、日経なら「どーん」と一面でやってくれる。

 そういえば、民主党衆院議員から孫氏の「参謀役」の社長室長に転じた嶋聡氏は2012年の米スプリントの買収発表の際、「あれは日経にリークする手はずが整っていたんだけれど、先にNHKが夜7時のニュースでスクープすることになって社長室が大騒ぎになった」と私に打ち明けたことがある。やはり、まずは日経なのだ。

 さらに元広報責任者は、こう続けた。

「それと日経は、こっちの書いてほしいことを載せてくれるんです。言いたいことをそのまま、きちんと載せてくれるというのが大きいですね。日経は言いたいことをそのまま載せてくれる媒体なんです。そういう媒体は大事なんですよ」

 妙に解釈や論評を加えることなく、「言い分をそのまま載せる」という点が、孫氏からすると、ありがたい。日経に大きく、伝えたいことを載せ、それによって「報道の相場」づくりを期待する。

拡大蜜月だった頃の孫社長(左)とニケシュ・アローラ副社長=2015年11月4日、東京都中央区の東証

「アローラ氏退任」のプロパガンダ

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大鹿靖明

大鹿靖明(おおしか・やすあき) 朝日新聞経済部記者

1965年、東京生まれ。早稲田大政治経済学部卒。88年、朝日新聞社入社。アエラ編集部などを経て現在、経済部記者。著書に第34回講談社ノンフィクション賞を受賞した『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』を始め、『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』、『ヒルズ黙示録・最終章』、『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』、『ジャーナリズムの現場から』がある。近著に『東芝の悲劇』。キング・クリムゾンに強い影響を受ける。

大鹿靖明の記事

もっと見る