メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

国連キャリア女性が決断した「介護休職」

学生時代からの夢だった国連職員。世界を奔走する彼女は一人っ子だった

岩崎賢一  朝日新聞記者

 国連職員としてエチオピアで働いていた日本人女性のfecebookに、日本で見慣れた桜の写真がアップされたのは2017年4月のことだった。彼女は学生時代からの夢だった国連機関でキャリアを積み重ねてきたが、任期半ばで離任し、帰国したという。いったい何があったのか――。そこには、日本社会が抱える構造的な問題があった。

拡大エチオピア・ガンベラの南スーダン人難民キャンプ=2015年撮影(箱﨑さん提供)

世界を奔走する彼女は一人っ子だった

 彼女が働いていた国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)といえば、1990年から2000年まで緒方貞子さんがトップを務め、女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが親善大使をしていることでも知られている。世界で7千万人以上の難民、国内避難民などの支援をしている。

 冒頭の日本人女性、箱﨑律香さん(47)は、2001年から、東京、スイス、ケニア、エチオピアでキャリアを積み重ねた。日本のような終身雇用制、年功序列賃金制とは違い、数年単位の任期があるポストが組織内で公募され、実績や面談を経て勝ち取っていかなければならない。

 私は、箱﨑さんが一時帰国した際、意見交換をしたり、国際機関で働きたいと考えている高校生と対話する機会を設けたりしていた。ただ、医療を介護の現場を取材している私は、箱﨑さんがいずれ帰国するのではないかと予感していた。

 彼女が一人っ子だと聞いていたからだ。

エチオピア赴任が転機

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

岩崎賢一

岩崎賢一 (いわさき けんいち) 朝日新聞記者

1990年朝日新聞社入社。くらし編集部、政治部、社会部、生活部、医療グループ、科学医療部などで医療や暮らしを中心に様々なテーマを生活者の視点から取材。テレビ局ディレクター、アピタル編集、連載「患者を生きる」担当を経て、現在はオピニオン編集部。『プロメテウスの罠~病院、奮戦す』『地域医療ビジョン/地域医療計画ガイドライン』(分担執筆)。withnewsにも執筆中。

岩崎賢一 の記事

もっと見る