メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

たかが10秒されど10秒 アウディが見せた自信

自動運転レベル3に進むドイツ、日本も後追いで法規制緩和か

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

拡大新発売されたアウディA8 55TFSI、総排気量2994cc、1140万円(アウディ社HPより)

自動運転時の事故の責任は車のシステムにある

 独自動車メーカーのアウディ(フォルクスワーゲン子会社)が今月15日、自動運転時に完全にハンドルから手を放して走れるレベル3(表参照)の車「A8」(写真)を発売する。「自動運転時の事故の責任は車のシステムにある」と踏み込んだ世界初の車である。

拡大

 もっとも日本は法規制でレベル2までしか認めておらず、「事故の責任は運転者」という立場を崩していない。このためA8はレベル3の技術を封印した上での発売となる。トヨタや日産、米テスラ、ドイツのダイムラーやBMWの量産車はまだレベル2にとどまっている。

ハンドル手放しでスマホをいじり本も読める

 ただ、A8はどこでも自由にレベル3で走れるわけではなく、「中央分離帯がある高速道路の交通渋滞で時速60Km以下のとき」という条件付きだ。運転席にあるAIボタンを押すと、「トラフィックジャムパイロット」と呼ぶ自動運転システムに切り替わる。

 A8の売りは、自動運転中に運転者はハンドルを完全に手放し状態にし、スマホをいじり、ビデオを見ても、本や新聞を読んでも構わないという、眠ること以外の自由度を与えた点にある。

 日本車でも自動運転のニュース映像が流れるが、運転者は常にハンドルに手を添え、前をしっかり見て、何かあれば速やかに(1,2秒以内に)自ら運転できるよう身構えている。自動運転時も含め責任は運転者にあるからだ。

 これがレベル2であり、自動運転といっても実質は自分で運転するのとあまり変わらない。車任せにできるレベル3の実現には高い技術の壁がある。

 アウディはこれを越えてきた。

自動運転から人の操作へ切り替えるのに10秒の余裕

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の記事

もっと見る